定期的に水が届けられると聞くと、注文をする手間が省けるということで便利と思いますよね?ですが、実はこれ必ずしもいいとはいえないケースがあるのです。
水宅配には毎月決まった本数の水が届けられる仕組みを採用しているところがありますけど、仮に12リットルの水が月2本宅配される場合、水を使い切ることが無理な場合があります。
12リットル2本というと家族で使うには容易に消費できますけど、一人暮らしの場合だと使い切ることができない人もいますよね。
もしも実際に水宅配を利用することになり、届けられた水をひと月で消費し切れなかったとしましょう。
これは不便なことなのですけど、注文ノルマがある場合には水を全部使い切っていなくても新たなボトルが届き、無駄な水のストックが多くなるという事態を招いてしまうのです。
以上のことから、確実に注文ノルマぶんの水を消費しきることが可能な人には利便性の高いサービスであっても、逆に不便だと感じる人もいるわけです。
そのため、注文ノルマぶんを使い切れるか分からないという人は、自分の好きなタイミングで水の注文を行えるという仕組みを採用している水宅配業者を利用したほうがいいですよ。
また、いくら好きなときに注文できるとはいっても、いつまでも現在ストックしている水を消費しないでいるというのは良くありませんよ。
水は長期間経過すると悪くなりますから、なるべく早く使い切るようにすることをおすすめします。