最近は家庭やオフィスで水宅配のサービスを利用する人が多くなっていますが、まだまだこれから導入しようかと思っている人もいるのではないでしょうか?この場合、しっかりとした選び方をしないと導入後に失敗したと後悔することになりますよ。
それから、いったん利用し始めてから失敗したと思うようならやめればいいと考えている人もいるようですけど、大抵の場合には解約金や違約金の名目でお金を支払わないといけません。
そのため、無駄なお金を使わないためにもあらかじめどのような失敗例があるのか知っておきたいところです。
まず多いのは安さに飛び付いた結果、水宅配の選び方を間違ってしまうケースです。
水は低価格ですがウォーターサーバーのレンタル料金や電気料金などを考慮に入れずに利用を決めてしまい、トータルでの出費がかさんでしまうという失敗例があります。
そのほか、水宅配は定期で水を届けてくれるサービスがありますけど、買い忘れがなくていいと思うでしょうが必要以上の本数のボトルが届いてしまって使いきれず、未消化のボトルが溜まってしまうという失敗例もあります。
水には賞味期限がありますから、長期に渡り使わないボトルがあると無駄になってしまいますよね。
また、水宅配には業者が空ボトルの回収をしてくれるというサービスを取り扱っているところがありますけど、取りに来てくれるまで利用者側でボトルを保管しておかないといけないのですね。
結果、空きボトルに部屋のスペースを取られてしまい、邪魔に思うという失敗例もあります。
水宅配を利用する場合には、以上のような失敗例に当てはまるような選び方をしないように注意しましょうね。