日本人に合うおいしい水とはどのようなものなのか、これを知るための参考になる要素として、水の硬度を挙げることができます。水には硬度によって硬水と軟水、さらには中硬水があります。
まず硬水、軟水、中硬水はどういう水を指すのか、この点から理解していきましょう。1リットルあたりの硬度が200ミリグラム以上の場合は硬水、1リットルあたりの硬度が100ミリグラム以下の場合は軟水、そしてこれらの中間の場合は中硬水ということになります。
これらのうち、日本人の口に合うのはどの水なのかということがここでの問題なわけですが、結論を先にいうと硬度が低いほうが基本的にはおいしい水といえるでしょう。というのも、わたしたちが日頃から口にしている水というのは、ほぼ間違いなく1リットルあたり硬度100ミリグラム以下の軟水だからです。
これに対して海外の水はというと、ヨーロッパあたりだと日本とは違って硬水が使用されています。軟水の味はやわらかく口の中で広がるのが特徴ですが、硬水は口にしたとき味が引き締まっていると感じるのが特徴です。
全く味の特徴に違いがあることから、海外の水はおいしい水とはいえないという話もあります。しかしながら、この頃は外国産の水を好んで飲む人もいることから、必ずしも硬水だからといってますいというわけではありません。